sponsor

Googleが把握している個人の位置情報

Googleフォトの推定位置情報
Xperia・iPhoneパソコン
sponsor
sponsor

Google検索で位置情報のメッセージが表示される

位置情報のメッセージ

「現在地付近の検索結果を表示しますか?」
「現在地付近の検索結果を表示しますか?」

現在地付近の検索結果を表示しますか?

最も近い検索結果を得るには、デバイスの正確な位置情報の使用を Google に許可します。

検索で位置情報をオンにする

  1. アドレスバー ULR表示の右端のアイコン「サイト情報を表示」をクリック
  2. 「位置情報」をオンにする
Google検索での位置情報
Google検索での位置情報
sponsor

メッセージは何故どのようなタイミングで表示されるのか?を非表示にする

どのタイミングで「現在地付近の検索結果を表示しますか?」というメッセージが表示されるの?

  • Google マップ、Google 検索、Google アシスタントなどを利用する時

何故このメッセージが表示されるのか?

Googleは、様々な方法で利用者の位置情報を得ています。「現在地付近の検索結果を表示しますか?」に「正確な位置情報を使用」にすると、現在いる場所を入力しなくても、現在いる場所の情報により、必要な検索結果等を得られます。

Googleの位置情報のメッセージを非表示にする方法

  1. 右上のメニュー→「設定」
  2. 「プライバシーとセキュリティ」をクリック
  3. 「サイトの設定」をクリック
  4. 「権限」→「位置情報」

「サイトの設定」→権限の「位置情報」

Googleの位置情報のメッセージを非表示にする
Googleの位置情報のメッセージを非表示にする
sponsor

Googleが把握している個人の位置情報

Googleが個人の位置情報などの情報源は次の通りです。

  • デパイスの位置情報
    • スマートフォンやPCなどにより位置が送信される
  • Googleアカウントに登録されている住所
  • Googleはアクティビティを保存しており、過去に検索したものや閲覧したページが保存されている
  • IPアドレス

Googleが保存しているアクティビティ

  • 検索した内容、クリックした結果、閲覧した記事
  • アプリの設定により場所や音声録音も含まれることもある
  • デバイスを持って訪れた場所が保存される
  • YouTubeの再生履歴と検索履歴

Googleはより良い検索結果やおすすめを表示するために、様々なアクティビティを保存しています。

sponsor

デパイスの位置情報

スマートフォンの場合はGPSがあり、紛失したスマートフォンをGoogleで探すことも可能です。PCも位置情報を送信できます。

ほとんどのパソコンは、GPS がなくてもウェブサイトに位置情報を送信できます。デバイスからウェブサイト(google.com など)に位置情報を送信するかどうかは、ブラウザで位置情報の利用許可を変更することで制御できます。

Google

Googleが把握する現在地

Googleはおおよその現在地を把握し、検索結果に反映させます。そのプライバシーは?

おおよその現在地の範囲は 3 平方キロメートル以上の広さで、1,000 人以上のユーザーがいるため、個人が特定されることはなく、プライバシーは保護されます。

Google

人口が少ない地域だと3万平方キロメートルより広い範囲になり、個人は特定されないだろうということ。

Googleは過去に閲覧したページなど、アクティビティを保存していますが、以下の3つの方法で閲覧すればアクティビティは保存されません。

sponsor

Googleのアクティビティを保存しない方法

  • アクティビティを無効にする
  • シークレットモードでウェブサイトを閲覧する
  • 検索のカスタマイズ

アクティビティを保存しない方法、削除する手順は下のリンクをご参考下さい。

sponsor

位置情報をオン・オフにするメリットとデメリット

位置情報をオンにするメリット

  • 検索で自分の現在地・目的に近い情報が速く得られる
  • 過去に行った履歴(ルート)が残るので、情報を追うことができる
  • デパイスを紛失した時に探すことができる

位置情報をオンにするデメリット

  • 第三者に位置情報がバレる可能性がある

位置情報が第三者にバレる場合

位置情報は第三者に漏れることはないはずですが、デパイスで撮った写真や保存した動画などには、撮った場所や保存した場所などのデータがあります。データが残ったまま、第三者に送ると位置情報が伝わってしまいます。

例 Googleフォト

Google フォトは、写真で検出されたランドマークや他の写真の撮影場所などの情報から撮影場所を推定します。

Google

Googleフォトの共有で、位置情報はデフォルトで非公開になっています。位置情報を公開し共有することも可能です。

sponsor

Googleフォトの推定位置情報

Googleフォトに画像や動画をアップロードすると、推定撮影場所や保存場所の情報が追加されます。デフォルトでは位置情報の推定は「オン」になっています。

右上の設定→「位置情報」

Googleフォトの推定位置情報
Googleフォトの推定位置情報

Googleフォトの位置情報の推定をオフにする設定手順

  1. Googleフォトの右上の設定をクリック(上の画像を参照)
  2. 位置情報をクリック
  3. 「位置情報のない写真の撮影場所を推定する」をオフにする

Googleフォトの位置情報の推定の確認

Googleフォトの位置情報の推定はほぼ正確だと思います。

  1. Googleフォトの画像や動画を開く
  2. 右上の情報アイコン(i)をクリック
  3. 情報が表示される
  4. 下にスクロールすると位置情報が表示される

Googleフォトの画像の「i」→画像の情報が表示される

Googleフォトの推定位置情報
Googleフォトの推定位置情報

位置情報の鉛筆アイコンで位置情報を削除することができます。

Googleフォトの共有で位置情報は共有される?

Googleフォトの共有で、位置情報はデフォルトで非公開になっている。

Googleフォトの位置情報の共有の設定手順

  1. 「共有」→右上の+アイコン「共有アルバムを作成」をクリック
  2. 右上の「共有」をクリック
  3. 「オプション」をクリック
  4. 「写真の撮影場所を共有」をオンにする→「完了」

右上「共有」→「オプション」→「写真の撮影場所を共有」をオン

Googleフォトの位置情報の共有の設定
Googleフォトの位置情報の共有の設定
sponsor

写真などに位置情報を残さない方法

デパイスのカメラアプリで位置情報の設定を変更する

iPhone・iPad の位置情報の共有をオフにする

iPhone・iPad の「位置情報をオフにする」または「位置情報共有をオフにする」

  1. 設定→「プライバシー」
  2. 「位置情報サービス」をタップ
  3. 「位置情報共有」をオフにする

アプリに位置情報を提供しない方法

デパイスは様々なアプリ(Googleやマップ、LINE、Instagram、Xなど)に位置情報を提供しています。Androidの場合(機種により異なる)以下の手順で位置情報の提供を無効にできます。

すべてのアプリへ位置情報の提供をオフにする場合

  1. 「設定」→「位置情報」
  2. 位置情報の使用をオフにする

アプリ毎に位置情報の提供をオフにする場合

  1. 「設定」→「位置情報」
  2. 「位置情報へのアプリのアクセス」をタップ
  3. オフにしたいアプリをタップ
  4. 「許可しない」にチェックを入れる

Android の画像の位置情報をオフにする

画像に位置情報を残さない2つの方法

  • カメラアプリに位置情報を提供しない
  • 画像に位置情報を保存しない

カメラアプリに位置情報を提供していても、「画像に位置情報を保存しない」設定にしておくと、画像に位置情報は残りません。

カメラアプリの位置情報をオフにする

  1. カメラアプリを開く
  2. カメラの画面の「設定」をタップ
  3. 「位置情報を保存」をオフにする