<
スポンサーリンク

龍が如く 年表と相関図・関連組織 2005年~現在

龍が如く 年表と人物相関図 ゲーム
龍が如く 年表と人物相関図
この記事は約3分で読めます。

龍が如く・年表と相関図

龍が如く 年表と人物相関図
龍が如く 年表と人物相関図

龍が如く主な事件

2010 伊原勝射殺事件
上野誠和会騒ぎを収めるために向かった新井弘明が若頭補佐伊原勝を射殺する。
新井弘明は、警視庁副総監宗像征四郎の部下である。宗像征四郎は、表社会と裏社会を支配下に置こうと画策し、裏社会にも精通していた。その力を利用し潜入捜査中であった新井弘明を柴田組金村興業の若頭にしていた。 上野誠和会若頭葛城勲が東城会に和解の条件として、新井の首または神室町ヒルズの経営権を要求するが失敗に終わる。 冴島大河とを靖子を拉致
葛城勲は二人の身柄とスカイファイナンス社長秋山駿から奪った1000億と引き換えに警察の極秘ファイルを取引しようとするが失敗し、靖子から射殺される。この時、靖子も死ぬ。
2010 上野誠和会襲撃事の真相 冴島大河は、1985年上野誠和会襲撃事件で19人の殺人罪で逮捕され、25年間刑務所で過ごしていたが、25年前の真相を知る人物と出会う。真相を確かめるために浜崎と脱獄する。そして、真犯人葛城により真実を知る。
葛城死亡後、冴島大河は桐生、真島の推薦で冴島組を旗揚げする。
2012 東西全面戦争 近江連合の会長黒澤翼が末期の癌だとわかり、東城会と近江連合の均衡が崩れ、東西全面戦争となった。

龍が如く 重要人物

龍が如く
宗像征四郎新井弘明
警視庁副総監柴田組金村興業若頭
潜入捜査員(宗像征四郎の指示)
谷村大義谷村駿杉内順二
上野誠和会襲撃事件担当刑事
25年前不審死(犯人は杉内)
捜査一課
杉内の後輩
上野誠和会の組員
刑事として警察内部に潜入
上野誠和会襲撃事件の仕掛人の一人
宗像の支配下にいた
谷村に事実を話した後に宗像の刺客に殺される
冴島大河(義兄)冴島靖子(義妹)
黒澤翼(父)相沢聖人(息子)
近江連合七代目会長東城会組員
東城会の黒澤一派東城会会長護衛役 森永悠
直系青山組 青山稔
黒沢翼の息子 相沢聖人
冴島大河馬場茂樹
網走刑務所で同房(再収監)
朴美麗(元嫁)真島吾郎(元夫)
近江連合の跡目の手紙を預かり死亡 
朴美麗
芸能事務所社長アイドル

[adsense]

龍が如く 関連組織

伊原勝射殺後

警視庁警視庁副総監 宗像征四郎
神室署捜査一課 杉内順二
死亡
柴田組金村興業若頭 新井弘明潜入捜査員
上野清誠和会若頭補佐葛城勲死亡
冴島組冴島大河旗揚げ

東西全面戦争後

近江連合会長黒澤翼 
東城会会長護衛役 森永悠黒澤一派であり死亡
 会長護衛役 相沢聖人黒澤の息子であり死亡
直系・青山組組長 青山稔黒澤一派であり死亡

年表と人物相関図

タイトルとURLをコピーしました