WordPress 最初に必要なプラグインと最低限必要なプラグイン

wordpress
WordPress
Advertisements

WordPress、どのプラグインが必要?

WordPressのメリットのひとつは、プラグインです。WordPressの機能を拡張するために、世界中の多くの人がプラグインを開発し、公開しています。プラグインをインストールすることによって、サイトのカスタムが簡単になります。

その他にも記事を書くために便利なプラグインや、記事を見やすくするプラグイン、集客のためのプラグインなど様々なプラグインがあります。必要だと思ったら、インストールします。

プラグインが原因でエラーになったり、プラグイン同士の相性が悪かったりするのでインストールには注意が必要です。以下のプラグインは多くの人が利用しているプラグインです。 必要であろうプラグインを選びました。

Advertisements

1.UpdraftPlusまたはBackWPupでバックアップ

定期的にバックアップしてくれるプラグインです。これは必要です。

  • BackWPup
  • UpdraftPlus

どちらも定期的にバックアップしてくれるプラグインです。2つのうち1つを選んで利用します。

以前は、多くの人が利用しているバックアッププラグイン BackWPup を利用していましたが、現在プラグイン UpdraftPlus を利用しています。UpdraftPlus は,、BackWPup で不具合があった場合、BackWPup の代替プラグインとして利用されています。

現在 UpdraftPlus を利用する理由はトラブルの時、復元が簡単だからです。

2.子テーマを作るプラグイン

Child Theme ConfiguratorまたはOne-Click Child Theme、どちらか1つがあると便利です。

  • Child Theme Configurator
  • One-Click Child Theme

WordPressを利用する時、必ず必要となるのが子テーマです。子テーマをを簡単に作れるプラグインです。

WordPressはまずテーマを決めます。テーマはウェブサイトのデザインのテンプレートです。カッコイイものから可愛いものまで多くのテーマの中から好きなデザインを選びます。

そのテーマを元に、もっと閲覧者が見やすいようにスタイルを変えていきます。スタイルを変えるためにスタイルシート(style.css)を書き換えます。

テーマは時折バージョンアップします。バージョンアップの時にスタイルシート(style.css)はリセットされてしまいます。リセットされない子テーマのスタイルシート(style.css)を作っておけば、書き換えたものが消えることはありません。

既存のテーマ(親テーマ)を編集しないで、子テーマに変更したい部分や追加したい部分について書き足すので、安全で編集ミスもわかりやすいと思います。子テーマは、親テーマの機能とスタイルを引き継ぎ、且つ子テーマで変更追加した部分が親テーマよりも優先して反映されるのです。

子テーマを簡単に作るプラグインが、Child Theme ConfiguratorまたはOne-Click Child Themeです。

3.TinyMCE Advanced エディッタを充実させるプラグイン

ウェブサイトの記事を書くのにGutenbergエディターがありますが、そのエディターの機能を増やして、エディターを使い易くしているプラグインがTinyMCE Advancedです。

現在、ウェブサイトはモバイル端末でも閲覧しやすいようにシンプルになってきていて、Gutenbergでも十分かもしれませんが、TinyMCE Advancedをインストールしていた方が便利です。

  • 文字の一部だけ色を変える
  • 書式のクリア

などは、TinyMCE Advancedをインストールすることによって、ボタン1つ実行できます。

上の赤枠が Gutenberg で下の赤枠がクラシックブロックです。TinyMCE Advancedをインストールした方が文字の色など細かく指定できます。

TinyMCE をインストールしなかった場合

TinyMCE Advanced
TinyMCE をインストールしない場合

TinyMCE Advancedをインストールするとビジュアルエディッタの機能が増え使いやすくなります。

TinyMCE をインストールした場合

TinyMCE Advanced
TinyMCE をインストールした場合

赤枠の部分が変わった部分です。

  • 書式のクリア (clera fomatting)
  • 取消しアイコン
  • 下線のアイコン
  • 文字の色の指示 (Text color)

などを追加しています。

TinyMCE Advancedのインストールから設定までの記載は下のリンクに記載しています。

GutenbergとTinyMCE Advanced の設定
プラグインのインスト…

4.SEO対策プラグイン

  • All in One SEO Pack
  • Yaost SEO

All in One SEO Pack または Yaost SEO、2つのプラグインのうち1つを利用します。All in One SEO Pack や Yaost SEO は、サイトの集客のためののプラグインです。

もし、商用でウェブサイトを使われるのならばインストールした方が良いプラグインです。

All in One SEO Packについて

All in One SEO Pack を利用していましたが、現在Yaost SEOを利用しています。All in One SEO PackでHTML5構文で「itemprop属性」にエラーが出て改善されなかったので、プラグインYoast SEOに変更しました。Yoast SEOに変更後、構文エラーはなくなり、問題なく使えています。All in One SEO Packは多くの人が利用している有名なプラグインです。

5.Google XML Sitemaps

サイトマップを作ることにより、検索エンジンにウェブサイトを認識してもらいます。Google XML Sitemapsはサイトマップを自動で作成し通知するプラグインです。

6.Akismet

WordPressをインストールするとデフォルトで入っているプラグインで す。スパム対策プラグインでスパムコメントを自動で判別して振り分けてくれます。かなりの頻度でスパムコメントがきますので、このプラグインも必須です。

7.WP Multibyte Patch

WordPressをインストールするとデフォルトで入っているプラグインで、日本語を使用する場合に必要なプラグインです。

プラグインを選ぶ時の指標

TinyMCE Advanced は、Gutenbergエディタへ変更になってから今後、不要になるプラグインですが、まだ必要なプラグインです。One-Click Child Themeは、子テーマを簡単に作るプラグインです。バックアップのプラグインも必要です。この3つはWordPressインストール後、すぐにインストールするプラグインです。

AkismetとWP Multibyte Patchは、標準搭載されているプラグインです。

他にも多くのプラグインがあります。インストールはとても簡単で、それほど難しい設定はありません。多くのプラグインからインストールするものを選ぶ時の指標は以下のことをチェックします。

  • そのプラグインは更新されているか(どのくらい前に更新されたかは記載されてます)
  • 人気あるプラグインか(多くの人が利用しているか、または評価が良いか)
  • 互換性があるか(インストールした直後に真っ白になりアクセスできなくなることもありますので、バックアップ後にインストールするなど、注意が必要です)

プラグイン同士の相性やテーマとブラグインの相性で不具合が起こる場合もあります。プラグインをインストールする前や更新する前にはバックアップしておきます。

プラグインの更新による不具合を避けるために

  • バックアップを取る
  • プラグインの更新はアクセスの少ない時間帯に行う
  • まとめて更新を行わない
  • 更新が終わった後にウェブページが正常か確認する

プラグインはまとめて更新を行うことができます。トラブルがあった場合、どのプラグインが原因だったかわかる必要があります。1つずつ更新すれば、原因のプラグインがわかります。

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました