WP-Optimizeの最適化

WordPressのデータベースの最適化の手順 WP-Optimize


WordPressのデータベース容量

レンタルサーバーはディスク容量とデータベース容量が定められています。データの追加、更新、削除によってできた不要なデータを簡単に削除できます。

Xserve・XFREEの場合

レンタルサーバーデータベース容量ディスク容量
Xserver1000MB200G~
XFREE100MB2G

ディスク容量とデーターベース容量

レンタルサーバーにより、ディスク容量とは別にデーターベース容量がある場合と、ディスク容量の中にデーターベース容量が含まれる場合があります。

ディスク容量にデーターベース容量が含まれています。

WordPressのデータベース容量
WordPressのデータベース容量
WordPressのデータベース容量
WordPressのデータベース容量

WordPressのデーターベースの不要なデータを削除

WordPressのデータはでサーバー上のディスク(HDD・SSD)とデータベースにあります。

ディスクテーマに関するデータ、写真など
データベース投稿記事、コメントなど

データーベースはMySQLなどで管理されています。データベースの中はプラグインWP-Optimizeでも見ることができます。

WordPressのデーターベース一覧

WP-Optimizeはデータベースのテーブルとデータベースのサイズなど情報を見ることができます。

テーブル格納されたデータ
wp_commentmetaコメントのメタデータ
wp_commentsコメント・トラックバック・ピンバックデータ
wp_linksリンク情報
wp_optionsプラグインの設定情報など様々なデータ
wp_postmeta記事のメタデータ
wp_termsカテゴリーやタグの語句
wp_term_relationshipsカテゴリーやタグの関連情報
wp_term_taxonomyカテゴリーやタグのデータ
wp_usermetaユーザーのメタデータ
wp_usersユーザーの情報
wp_popularpostsdata人気記事のデータ
wp_popularpostssummary人気記事の概要
wp_redirection_404リダイレクト(Redirection)のデータ

WP-Optimizeでデータベースの確認

WP-Optimazeでデータベースを確認する手順

  1. 左側の項目よりWP-Optimazeを開く
  2. Databaseを開く
  3. Tableタブをクリック

以下の情報を確認できます。

テーブルデータを保存する場所
レコードデータのこと
データサイズデータのサイズ
インデックスサイズレコードへのアクセス効率を高めるインデックスのサイズ
InnoDBデーターベースエンジン

データベース オーバーヘッド

オーバーヘッドとは、データの追加、更新、削除などを行った時にできるゴミで、これが貯まると、データベースの動きが重くなります。オーバーヘッドの赤い数字が最適化できる数字です。

WP-Optimize
WP-Optimize データベース

WP-Optimizeの最適化の項目の説明

最適化タブを開くと、ボタンひとつで最適化できます。最適化する項目を選ぶこともできます。

  1. 左側の項目よりWP-Optimazeを開く
  2. Databaseを開く
  3. 最適化タブをクリック

最適化する前にバックアップをとるように注意書きがあります。

WP-Optimizeの最適化
WP-Optimizeの最適化

リビジョン

リビジョンとは、作成中、公開済みの記事の更新履歴を保存する機能です。リビジョンは、記事を編集する時に機能する自動保存とは違います。

Clean all auto-drafts and trashed posts

自動下書き投稿とゴミ箱内のコメントを削除します。

Remove spam and trashed comments

スパムコメントとゴミ箱内のコメントを削除します。

未承認のコメントの削除

未承認コメントを削除します。

期限切れの transient オプションを削除

一時的に保存された期限切れのデータを削除します。

ピンバックの削除

ピンバックとは投稿記事内に掲載したリンク先へ、リンクしたことが自動送信(通知)される仕組みです。

トラックバックの削除

トラックバックとは、他の人のブログ内容を自身のブログで引用・参照した時に、
引用・参照したことを引用元に通知する仕組みです。

投稿メタデータ

記事の情報で、投稿の作成者、作成日(または公開日)、カテゴリーが含まれます。

まれに項目に警告アイコンが付いている場合もあるようです。警告アイコンが付いている項目を最適化する場合はデータが破損する場合があるという注意書きもあります。

WP-Optimizeの使い方

  • インストール・有効化する
  • インストール済プラグインを開く
  • WP-Optimizeの「最適化」または「設定」をクリック

WP-Optimizeで最適化

上記を参照し、最適化したいデータを選び最適化するか、「Run all selected optimizations(選択したすべての最適化を実行)」をクリックします。

赤色でマークされた項目は、より集中的なデータベース操作を実行します。
ごくまれに、最適化操作の実行と同時にデータベースサーバーがクラッシュしたり、強制的に電源が切られたりすると、データが破損する可能性があります。最適化する前にバックアップを実行することをお勧めします。

WP-Optimizeの設定

自動クリーンアップの設定ができます。

  1. 左側の項目よりWP-Optimizeを開く
  2. 設定を開く
  3. スケジュールは「毎日」「毎週」「半月毎」「毎月」から選ぶ

削除するデータを選択する

  • データベーステーブルの最適化
  • 自動リビジョンを削除
  • 自動下書き投稿とゴミ箱内のコメント
  • スパムコメントとゴミ箱内のコメントを削除する
  • 未承認コメントの削除
  • 期限切れの transient オプションを削除
WP-Optimizeの最適化
WP-Optimizeの最適化

WP-Optimizeを使ってみた結果 データベース容量の違い

(例)72.6MB→41.5MB

WP-Optimizeの最適化
WP-Optimizeの最適化

About ゆきを

ジャンルに拘らずに、好きなことを書いてます。 趣味であったり、覚書きであったりします。 むずかしい言葉を使わず、流行りの言葉を使わないように書いてます。