SPONSOR

VLLOの基本の使い方とエンドロールや文字起こしを作る

VLLOで動画編集
Xperia・iPhone

スマートフォンで簡単に動画を編集できるアプリとして「inshot」を使われている方も多いと思いますが、「VLLO」も簡単に編集できて、「inshot」にはない機能もあり、無料です。

「inshot」はウォーターマークが入る場合がありますが、「VLLO」はウォーターマークが入りません。

SPONSOR

VLLOに動画・写真・GIFをアップロードする

  1. VOLLOのアプリを開く
  2. ビデオ・GIF作成で+をタップする
  3. 使用する動画・写真などを選ぶ

動画や写真などは作成中に追加することができます。

SPONSOR
SPONSOR

VLLOを使って動画に文字を入れる

  1. T(テキスト)をタップする
  2. 文字の種類を選ぶ
  3. チェック✓をタップ

左のスクロールするメニューよりT(テキスト)を選択すると、文字の種類が表示されます。

文字を入力する手順は次の通りです。

  1. 文字を選ぶ
  2. テキストを入力する
  3. テキストを表示する位置を決める
  4. テキストの表示を追える位置を決める

後で文字の種類の変更も、テキストの追加も、表示する位置の変更も可能です。

1.文字の種類を選ぶ

最近使ったものが上位に並びます。また長押しすることでブックマークが付けられます。文字の種類は多いので、統一した文字を使うためにブックマークしておくと便利です。

VLLOで動画編集
VLLOで動画編集

2.文字(テキスト)を入力する

  1. テキストをタップする
  2. 文字の種類を選ぶ
  3. テキストを入力
  4. テキストを表示する位置を決める
  5. 「ここから」と「ここまで」とテキストを表示する時間を指定

ラジオの文字起こしの場合、音声などに合わせて文字を入れると思いますが、先に文字を入れて、後で表示する位置を微調整します。

3.文字(テキスト)が表示され始める位置(時間)を決める

帯状のタイムラインの下の目盛りの部分を左右(前後)に動かします。赤いラインが再生されている部分です。

位置を決めるのに利用するのは

  1. 赤いライン
  2. 再生ボタン
  3. 「ここから」と「ここまで」

1.赤いライン

タイムラインの下の目盛りの部分を左右に動かし、再生したい位置に赤いラインを移動させます。

2.再生ボタン

再生させます。

3.「ここから」をタップ

音声などを聴きながら、テキストを入れたい位置で「ここから」をタップします。テキストの最初の部分がその部分に移動します。

VLLOで動画編集
VLLOで動画編集

4.「ここまで」をタップ

音声などを聴きながら、テキストを終わらせたい位置で「ここまで」をタップします。

SPONSOR

エンドロールの場合

テキストの挿入から、テキストを表示させる時間は、上記の通りです。

  1. テキストを入力する
  2. 「ここから」「ここまで」を指定

テキストを下から上へ移動させる

  1. 赤いラインを「ここから」の部分に移動
  2. 部分設定をON
  3. 緑の点滅になる
  4. テキストを開始の部分(下)に移動

これでテキストが下から表示されます。次に上へ移動させます。

  1. 赤いラインを「ここまで」の部分に移動
  2. 緑の点滅になる
  3. テキストの表示を終了する部分(上)に移動
SPONSOR

文字(テキスト)の色や枠線などを変える

文字の種類の他、色、枠膳、バックグランドなどを変えることができます。

  • Tスタイルをタップする
  • 文字色をタップする
  • 色を選ぶ(+で色を作ることも可能)
SPONSOR

文字を浮き上がらせる工夫

文字を浮き立たせるために濃い画像を挿入し、透過性で調整。

  1. スケッチなどで黒い長方形を描き保存
  2. VLLOでにアップロード(画像をタップしアップロード)

黒い画像をアップロード透過性を調整する

透過性と画像の大きさを調整します。

SPONSOR
SPONSOR
タイトルとURLをコピーしました