<
スポンサーリンク

簡単!写真の合成 Windows10の標準搭載ペイント3Dで出来る事 GIF等

ペイント3Dで作ったGIF PC・スマホお役立ちノート
ペイント3Dで作ったGIF
この記事は約5分で読めます。

Windows10に標準搭載アプリペイント3D

Windows10に標準搭載されている ペイント 3D で、難しい手技は必要ではなく、簡単に写真の合成などができます。絵心なく不器用な私でも簡単にできます。

ペイント3Dでどのようなことができるのでしょうか?

  • ぺいんト(2D)の編集機能
  • 画像の合成
  • 画像の3D化
  • 画像に3Dのステッカー・テキストを入れる
  • 画像にフィルターをかける

ペイント3D

ペイント3Dは、Windows10に標準搭載されているアプリです。画像を右クリックし、「ペイント3Dで編集する」を選択することでペイント3Dが起動します。

ペイント3Dで合成の手順

画像を切り抜いて、他の画像に張り付け(合成)ます。画像を切り抜くことはほぼ自動で行われるので簡単です。

1.画像の準備

切り抜いて合成する画像と、切り抜いた部分を貼り付けるベースになる画像を準備します。

  • 切り抜く画像
  • ベースの画像

2.ペイント3Dで合成する(切り抜く)画像の準備

  1. 合成する(切り抜く)画像を右クリックする
  2. ペイント3Dで編集するをクリックする
ペイント3Dで合成
ペイント3Dで編集するをクリック

ペイント3Dが起動

ペイント3Dが起動します。右側に手順が表示されるのでわかりやすいです。

  1. マジック選択をクリック
  2. 切り抜く範囲を選択する
  3. 次へをクリックする
  4. 切り抜く境界線(マジック選択)が自動で表示される
  5. 切り抜く範囲を追加または削除する
  6. 完了をクリック
  7. 切り取る(ハサミのアイコン)をクリック

切り抜く範囲を選択する

ペイント3Dで合成
ペイント3Dで合成 マジック選択

切り抜く境界線が表示される

ペイント3Dで合成
ペイント3Dで合成 境界線が表示される

切り抜く部分を追加したい場合は追加をクリックし、その部分にカーソル(またはペン)で示します。自動で判断し切り抜く範囲が追加されます。

また切り抜く範囲を減らしたい場合は、削除をクリックし、その部分をカーソル(またはペン)で示します。自動で判断し削除されます。

やり直しは右クリック(または上のメニューバー)で「元に戻す」や「やり直す」を選ぶことができます。

ペイント3Dで合成
ペイント3Dで合成 追加と削除

完了

切り抜く境界線の調整が終わったら、完了をクリックします。

画像を切り抜く

切り取る(ハサミのアイコンをクリックする)と、画像から切り取った部分が消えます。

ペイント3Dで合成
ペイント3Dで合成 切り取り

2.ペイント3Dで合成する

切り取った部分を貼り付けるベースになる画像を準備します。

  1. ベースになる画像を右クリックする
  2. ペイント3Dで編集するをクリックする

ペイント3Dが起動します。

  • 貼り付けをクリックする
  • 切り取った画像をドラッグして位置を決める

これで合成は終了です。

ペイント3Dで合成
ペイント3Dで合成 貼り付ける
ペイント3Dで合成
ペイント3Dで合成 貼り付けてドラッグ

3.ペイント3Dで合成した画像を保存する

メニュー→保存します。保存形式は次の通りです。

  • 画像として保存(PNG、JPEG、BMP、GIF、TIFF)
  • 3Dモデルとして保存
  • ビデオとして保存(MP4、GIF)
ペイント3D
ペイント3D 保存するファイル形式をクリック
ペイント3D
ペイント3D 保存するファイル形式を選ぶ

ペイント3Dでできること

ペイント3Dで、合成以外にどのようなことができるのでしょうか?ペイントと同じように2Dの編集もでき、その上画像にフィルターをかけたりできます。

  • ぺいんト(2D)の編集機能
  • 画像の3D化
  • 画像に3Dのステッカー・テキストを入れる
  • 画像にフィルターをかける

3Dのオブジェを挿入する

  1. 3Dオブジェクトを選択
  2. ドラッグで位置を決める
ペイント3D
ペイント3D オブジェの選択

ペイント3Dで画像の3Dの調整

画像をクリックすると、次の画像のように4つのアイコンが表示されます。またドラッグで好きな位置に移動できます。

ペイント3D
ペイント3D 回転させる
  • Z軸回転
  • X軸回転
  • Y軸回転
  • 前後にスライド

前後にスライド

ペイント3D
ペイント3D 手前スライドさせる

ペイント3Dで利用できるアイテム

ペイント3Dには利用できるアイテムが3Dライブラリにあります。またご自分のフォルダなどから選択することも可能です。

ペイント3D
ペイント3D 3Dライブラリ

2Dの画像を3D化する

2Dの画像は裏面がないので完全な3Dにはならないかもしれませんが、角度を変えたり、前面に出したりできます。

2Dを3D化する手順①

2Dの画像をコピーして、そのまま3D化します。

  1. 3D化する部分を選択する
  2. 選択した部分をコピーする
  3. 貼り付け、好きな位置にドラッグする
  4. 貼り付けた画像をクリックする
  5. 画像の傾き等を調整する
ペイント3D
ペイント3D 3D化する画像を選択
ペイント3D
ペイント3D 回転させる

2Dを3D化する手順②

2Dの画像をマジック選択で切り抜いて合成し、3D化します。

  1. 3D化する部分を選択する
  2. 選択した部分をコピーする
  3. 適当な位置に貼り付ける
ペイント3D
ペイント3D コピーする範囲を選択

後は合成の同じようにマジックをクリックし、不要な部分を削除し貼り付けます。

  1. マジック選択する
  2. 上記の合成の手順で、不要な部分を削除する
  3. 上記の合成の手順で、切り取る
  4. ベースの画像に貼り付ける

貼り付けた画像を回転させ、調整します。

  1. 貼り付けた画像をクリックする
  2. 画像の傾き等を調整する

コピーした画像を切り抜き、貼り付け、前面に引き出しました。傾きを変えることもできます。

ペイント3D
ペイント3D テキスト挿入

ペイント3Dでテキストを挿入

  1. テキストを選択する

またステッカーを挿入することもできます。次の画像でハートのステッカーを挿入しています。

ペイント3D
ペイント3D テキスト挿入

ペイント3Dのフィルター

  1. 効果をクリックする
  2. フィルターを選択する
ペイント3D
ペイント3D フィルター利用

ペイント3Dで作った画像をGIFで保存

絵心ない人が適当に適当に貼り付けてます。動画(MP4)で保存もできます。

ペイント3Dで作ったGIF
ペイント3Dで作ったGIF
タイトルとURLをコピーしました