WordPress 2つ以上のテーマを使い分ける方法/Multiple Themes

Multiple Themes
WordPress
Advertisements

フロントページや一部のページのテーマだけ変更する

1つのWordPressのサイトで、2つ以上のテーマを使い分けることができるプラグインが「Multiple Themes」です。例えばフロントページ(ホームページ)だけ、違うテーマを利用するなど、簡単に設定できます。

  • フロントページを別のテーマにする
  • カテゴリーアーカイブページを別のテーマにする
  • タグアーカイブページを別のテーマにする
  • 投稿者のアーカイブページを別のテーマにする
  • ある投稿記事のみ別のテーマにする

など、設定できます。

Advertisements

Multiple Themes

プラグイン「Multiple Themes」は、WordPressのサイトの様々なページごとに異なるテーマで表示させることができるプラグインです。

長い間利用しているプラグインですが、ほとんど不具合はありません。また最終更新日は3週間前です。

フロントページ(ホームページ)を別のテーマに変える手順

ドロップダウンで利用するテーマを選ぶだけです。

Multiple Themes
Multiple Themes

「Select Theme for Site Home」の横のドロップダウンで利用するテーマを選択します。これだけで、フロントページ(ホームページ)のテーマだけ変更になっています。

カテゴリーのアーカイブページのテーマを変更する

  1. Select here if URL is a Prefix で「URL Prefix」を選択
  2. Theme(テーマ)を選択する
  3. URLを入力する(https://example.com/category/)

これだけでカテゴリーのアーカイブページのテーマを他のテーマに指定できます。

Multiple Themes
Multiple Themes

タグのアーカイブページのテーマを変更する

  1. Select here if URL is a Prefix で「URL Prefix」を選択
  2. Theme(テーマ)を選択する
  3. URLを入力する(https://example.com/tag/)
Multiple Themes
Multiple Themes

アーカイブページのURL

以下は入力するURLの例えです。

2ページめ以降https://example.com/page/
カテゴリーページhttps://example.com/category/
タグページhttps://example.com/tag/
投稿者別アーカイブhttps://example.com/author/ユーザー名
日付別アーカイブhttps://example.com/date/年月日

アスタリスクやキーワードでテーマを変更する

アスタリスク(*)やクリエキーワードを利用し、一部の投稿のテーマを変更できます。

アスタリスク(*)の例

  • http://example.com/wp/年/月/日/

「http://example.com/wp/*/04/*/」の場合、4月の投稿のみ指定のテーマに変更されます。

プラグイン「Multiple Themes」を利用する注意点

利用しているテーマの更新の時には、一時的に「Multiple Themes」を無効化して更新しています。更新後、「Multiple Themes」を有効化するだけで、設定通りのテーマで表示されます。

テーマの更新時

一度きちんとテーマが更新されなかったので、テーマの更新時にはプラグイン「Multiple Themes」を一時的に無効化しています。

設定を削除するのも簡単

設定も簡単ですが、それぞれの設定の削除も簡単です。またプラグインを無効にすることで、すぐに基本のテーマに戻ります。

次の画像は4つの設定を行ってます。

Multiple Themes
Multiple Themes
Advertisements
タイトルとURLをコピーしました