Land of Lisp

書籍選び Lisp   new


Land of Lisp

コンラッド・バルスキ著

Lispは、Fortran、COBOL に続く古いプログラム言語であり、現在も使われている方言の多いプログラム言語です。多い中でも有名な方言はGNU EmacsとXEmacsテキストエディタに使われている「Emacs Lisp」です。Lispは括弧が多いのも特徴です。

Land of Lisp
Land of Lisp

この本はLispを学ぶ方にとてもいい本だと思います。わかりやすく解説されています。

ANSI Common Lisp

ポール グレアム著

ANSI Common Lisp
ANSI Common Lisp

Common LispはLisp方言の一つです。この本は初心者にはややわかりにくいかも知れません。

On Lisp

ポール グレアム著

On Lisp
On Lisp

この本は初心者には難しい本ですが、マクロについて深く書かれています。マクロのメリットから欠点まで、マクロのプログラミングを解説しています。


About ゆきを

ジャンルに拘らずに、好きなことを書いてます。 趣味であったり、覚書きであったりします。 むずかしい言葉を使わず、流行りの言葉を使わないように書いてます。