<
スポンサーリンク

プレミアリーグの監督とその特徴

ユルゲン・クロップ sports
ユルゲン・クロップ
この記事は約6分で読めます。

ジョゼ・モウリーニョ

  • 2018年12月 マンチェスター・ユナイテッド解任
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ
  • 1963年生まれ、ポルトガル
  • 1980~1987年 ポルトガル2部の選手
  • リスボン工科大学でスポーツ科学を学ぶ
  • 1992年 スポルティングCPの通訳、アシスタントコーチ
  • 1994年 FCポルト、1996年 FCバルセロナのアシスタントコーチ
  • 2003・04・05・10年にUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(監督)
シーズンチーム(監督)活躍
2000年ベンフィカ&nbsp;
2001-02ウニオン・レイリア 
2002-03FCポルトスペールリーガ・ポルトガルカップ・UEFAカップ三冠
2003-04FCポルトCL優勝
2004-05チェルシーFCリーグ、リーグカップ二冠
2005-06チェルシーFCリーグ優勝
2006-07チェルシーFCリーグカップ・FAカップ二冠
2008-09インテルリーグ、スーペルコッパ・イタリアーナ二冠
2009-10インテルリーグ、コッパ・イタリア、CL三冠
2010-11レアル・マドリードコパ・デル・レイ優勝
2011-12レアル・マドリードリーグ優勝
2012-13レアル・マドリードスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝
2013-14チェルシーFC
2014-15チェルシーFCリーグ、キャピタル・ワン・カップ二冠
2015-16チェルシーFC
2016-17マンUEFLカップ、EL二冠

ジョゼ・モウリーニョの戦略・特徴

4-3-3や4-2-3-1が多いがメンバー・対戦相手によってフォーメーションは変わる。攻守に活躍できる背の高いMFを配置し、守備からの前線にパスを出すスタイルも多いが、攻撃は自由。守備的なチームであるため、1-0の1点先制逃げ切りが多い。

ジョゼップ・グアルディオラ

  • 2016- マンチェスター・シティ
ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼップ・グアルディオラ
  • 1971年生まれ、スペイン
  • 1990年 バルセロナ
  • 1991-92 バルセロナCL優勝
  • 1992年 ブラヴォー賞獲得
  • 1993-94 リーグ4連覇
  • 1996-97 コパ・デル・レイ、UEFAスーパーカップ、UEFAカップウィナーズカップの3冠を獲得
  • 1998-99 リーグ優勝
  • 2001-03 ASローマ
シーズンチーム(監督)活躍
2007-08バルセロナB3部昇格
2008-09バルセロナリーグ、コパ・デル・レイ、CLの3冠
2009-10バルセロナスーペルコパ・デ・エスパーニャ、スーパーカップ、クラブワールドカップ優勝
2010-11バルセロナリーグ・CL優勝
2011-12バルセロナスーペルコパ・デ・エスパーニャ、スーパーカップ、クラブワールドカップ優勝
2012バルセロナコパ・デル・レイ優勝
2013-14バイエルンリーグ優勝
2014-15バイエルンリーグ優勝
2015-16マンチェスター・シティ 

ジョゼップ・グアルディオラの戦略・特徴

4-3-3

サイドバックに中盤の選手を起用する。センターバックにビルドアップのために左利きの選手を入れる。攻撃の際、サイドバックがボランチの位置に行き、ボランチがセンターバックの位置に行きボール回しに参加する。センターバックが開き3バックを形成する。

キーパーに足元を要求する(キーパーにボール回しに参加して欲しい)プレスが速く、即囲んでボールを取りに行く。

ユルゲン・クロップ

  • 2015- リヴァプール
ユルゲン・クロップ
ユルゲン・クロップ
  • 1964年生まれ、ドイツ
  • 1990-2001年 1.FSVマインツ05でFW・DF
シーズンチーム(監督)活躍
2001-08マインツ 
2008-10ドルトムント 
2010-11ドルトムントリーグ優勝
2011-12ドルトムントリーグ優勝、ドイツカップ優勝
2013-15ドルトムント 
2015-リヴァプール 

ユルゲン・クロップの戦略・特徴

クロップ監督が実践する戦術は「ゲーゲンプレス」。ボールを失った直後、守備陣形を整えるよりも、即座に前線からプレスをかけ、ボールを奪い返すという戦術で、選手は走力が必要である。攻撃的な10人で守備をし、縦に速い攻撃を好む。

アーセン・ベンゲル

  • 2018年4月 アーセナル辞任
アーセン・ベンゲル
アーセン・ベンゲル
  • 1949年生まれ、フランス
  • 1978年 RCストラスブールでDF/MF
  • 1978-79シーズンにリーグ優勝・UEFA Cup1試合出場
  • 1981年 RCストラスブールのユースチームの指導者
  • 1983年 ASカンヌのユースチームの監督
シーズンチーム(監督)活躍
1984年ASナンシー 
1985-86ASナンシー2部に降格
1987年ASモナコリーグ優勝
1991年ASモナコクープ・ドゥ・フランス優勝
1995年名古屋グランパスJリーグ最優秀監督賞・天皇杯優勝
1996年アーセナルFC 
1997-98アーセナルFCリーグ優勝・FAカップ優勝
2001-02アーセナルFCリーグ優勝・FAカップ優勝
2002-03アーセナルFCFAカップ優勝
2003-04アーセナルFCリーグ戦無敗優勝
2004-05アーセナルFCFAカップ優勝
2005-06アーセナルFCCL決勝敗退
2013-14アーセナルFCFAカップ優勝
2014アーセナルFCFAカップ優勝
2017アーセナルFCFAカップ優勝

アーセン・ベンゲルの戦略・特徴

ボールを繋ぐ選手を好む。最近はトップ6に弱い。若手を起用し育てることを評価されている。

アントニオ・コンテ

  • 2019- インテル
アントニオ・コンテ
アントニオ・コンテ
  • 1969年生まれ、イギリス
  • 1985年 USレッチェ
  • 1991年 ユヴェントスFC
  • 1992-93 UEFAカップ優勝
  • 1994-95 リーグ優勝・コパイタリア優勝
  • 1995-96 CL優勝
シーズンチーム(監督)活躍
2006-07アレッツォ2部
2008-09ASバーリ1部昇格
2009アトランタBC 
2010ACシエナ1部昇格
2011ユヴェントスFCリーグ優勝
2012-13ユヴェントスFCリーグ優勝
2013-14ユヴェントスFCリーグ優勝
2014イタリア代表UEFA EURO 2016出場
2016-17チェルシーFCリーグ優勝・3ヵ月連続月間最優秀監督賞

アントニオ・コンテの戦略・特徴

チェルシーでは3バックで、3-4-3、3-5-2のシステム。

マウリシオ・ポチェッティーノ

  • 2014- トッテナム
マウリシオ・ポチェッティーノ
マウリシオ・ポチェッティーノ
  • 1972年生まれ、アルゼンチン
  • 1988年 ニューウェルズ
  • 1944年 エスパニョール
  • 1999-2000 コパ・デル・レイ優勝
  • 2001年 パリ・サンジェルマン
  • 2003年 ボルドーからエスパニョールにレンタル
  • 2004年 エスパニョール
シーズンチーム(監督)活躍
2009エスパニョール 
2013サウサンプトン 
2014トッテナム3位2位と優勝争いに加わるチームとなる

マウリシオ・ポチェッティーノの戦略・特徴

4バックまたは3バックと柔軟にシステム変更し、若手も良く起用する。

タイトルとURLをコピーしました