<
スポンサーリンク

【地図の埋め込み】縮尺と位置を調整する方法 Google マップ

地図の埋め込み PC・スマホお役立ちノート
位置の指定
この記事は約4分で読めます。

Google マップ

Googleマップは簡単に地図を作り、webサイトに地図を埋め込むことができます。簡単に作る手順を記載。

地図を作成する手順

  1. Google マップを開く
  2. 左上のメニューアイコンを開く
  3. マイプレイスをクリックする
  4. ログインする

ここでマイプレイスが開きます。

地図の埋め込み
マイプレイス
  1. マイマップをクリック
  2. 地図を作成をクリック

別ウィンドウで地図の作成画面が表示されます。

地図の埋め込み
地図を作成

地図上にマーカーを追加する

  1. 検索窓で地図に表示したい場所を検索する
  2. 地図に追加をクリックする

検索で見つからない場所でもマーカーを追加できます。

  1. マーカーを追加のアイコン(画像赤枠)をクリック
  2. 保存をクリック

マーカーを追加すると左側のレイヤにマーカーの場所が表示されます。

地図の埋め込み
検索窓で東京駅を検索またはマーカーのアイコンをクリックしマーカーを追加

追加したマーカーで次のことができます。

  • マーカーのスタイルを変更できる
  • マーカーを追加した場所のタイトルや詳細を編集できる
  • 写真を掲載できる
地図の埋め込み
マーカーのスタイル変更などできる

地図のタイトル・詳細の変更

タイトルをクリックすると、タイトルと詳細を変更できます。

ルートを表示

ルートを表示することもできます。

地図の埋め込み
ルートを表示

地図の埋め込み

地図を自分のサイトに埋め込むためには、地図を公開しなければなりません。

  1. 共有ボタンをクリック
  2. 一般公開をオンにする
  3. 保存

埋め込むHTMLを表示する

  1. タイトル横のメニューアイコンをクリック
  2. 自分のサイトに埋め込むをクリック
  3. HTMLをコピーする
地図の埋め込み
地図の埋め込み

埋め込む地図の縮尺と地図の中心の位置を調整する

地図の縮尺と位置を調整するのはとても簡単です。

地図の埋め込み
埋め込んだ地図、デフォルト

↓縮尺を変更する

地図の埋め込み
拡大して埋め込んだ地図

埋め込む縮尺や中心の位置を変更する方法は2つの方法があります。

  1. マイマップで簡単に変更する
  2. 埋め込むHIMLにソースを追加する

1.デフォルトビューの設定で縮尺と中心の位置を変える

  1. 地図に埋め込みたい縮尺と位置を表示する
  2. タイトル横のメニューアイコンをクリック
  3. デフォルトビューを設定をクリックする

2.「z」 で地図を表示する縮尺を指定

埋め込みHTMLです。

<iframe src=” https://www.google.com/maps/d/embed?mid=17ax・・
width=”640″ height=”480″></iframe>

「&z=」を記述し縮尺を指定できます。

マイマップで埋め込みたい地図を拡大または縮小すると、アドレスバーの最後の「Z= 」の数値が変わります。下の画像のサイズでZ=18です。

地図の埋め込み
地図の埋め込み

画像の縮尺は z=18 です。下記のように、埋め込むHTMLに「&z=」を追加すれば、上の縮尺で埋め込むことができます。

<iframe src=”https://www.google.com/maps/d/embed?mid=17ax・・&z=18
width=”640″ height=”480″></iframe>

2.「ll」 で地図の中心の位置を指定

埋め込みHTMLです。

<iframe src=” https://www.google.com/maps/d/embed?mid=17ax・・
width=”640″ height=”480″></iframe>

「&ll=座標」の記述で、位置の指定ができます。

地図の埋め込み
位置の指定

マーカーを設置した位置(緯度、経度)は 33.58903, 130.41961 です。 33.58903, 130.41961 を中心に埋め込む地図を表示する場合は、埋め込むHTMLに「&ll=33.58903, 130.41961」を追加します。

<iframe src=” https://www.google.com/maps/d/embed?mid=17ax・・&ll=33.58903, 130.41961
width=”640″ height=”480″></iframe>

マイマップが表示されない場合

注意 ライトモードで利用している場合、マイマップが表示されません。

ライトモードでマップを使用している場合、Google マップにマイマップは表示されません。

GoogleマップとAPI

2016年6月22日以降に作られるマップは「APIキー」が必要で、Google Maps APIは無料で使うことができます。詳しくは下記リンクのページを参照。

APIについて

API(Application Programming Interface)とは

自ら持つ機能の一部を外部のアプリケーション(ソフトやウェブサービス)から簡単に利用できるようにするインターフェース。ここで言うインターフェースとは、機能の呼び出し手順や記述方法などを定めた仕様を指す。

タイトルとURLをコピーしました