feedly

RSSとは?feedlyボタンの設置方法とfeedlyの使い方   new


RSS

ブログを読んでいる方はRSSという文字を目にしたことがあるのではないでしょうか。SNSの普及により、RSSの需要も少なくなりましたが、一応記載しておきます。

RSSはお気に入りのブログが更新された時にお知らせしてくれるツールで、効率よく情報を収集できますし、気になるブログの更新をいち早く知ることができます。気になるブログやお気に入りのブログが数件ある場合、更新情報が一目でわかるのです。

RSSリーダー

webサイトのRSSには、タイトルやページ概要の情報が書かれています。RSSリーダーはwebサイトのRSSを定期的にアスセスしています。そこで、新しい情報があればそれを表示してくれます。RSSリーダーは複数のwebサイトを登録でき、複数のwebサイトの情報の更新を教えてくれます。

ブログ管理側から見たRSS

RSSによる情報発信をしているブログは、新しい記事を投稿すると、そのブログのRSSを登録している人に更新の情報が通知されるので、多くの方に記事が伝わる可能性があります。ブログ管理者はRSSを設置していた方が良さそうです。RSSを設置しておけば、ブログの内容が気になった方に登録してもらえるかも知れません。

Feedly

RSSリーダーにはいくつかの種類があります。webサービス上にある「Feedly」はインターネットに繋がる状況であれば利用でき、プラットフォームを選ばなず、RSS情報を一括管理できるRSSリーダーです。

ユーザーが下のリンクでFeedlyにアカウントを作ると、サイトのRSSを登録できます。

ユーザーがFeedlyに登録した場合、このように表示されます。

feedly
feedly

自分のブログのフィールドURLの確認方法

RSSを設置する際に、フィールドURLが必要となります。フィールドURLを確認する方法webページのソースを表示し確認します。ブログのページを右クリックし「ソースの表示」をクリックします。

  1. webページを右クリック
  2. 「ソースの表示」をクリックし、ソースを表示させる
  3. Ctrl+f (ショートカットキー・検索)で「rss」を探す
  4. <link rel=”alternate” type=”application/rss+xml” title=”” href=”△△△” />
    △△△の部分がフィールドURLです。

WordPressのフィールドURL

WordPressのフィールドURLは4種類のURLが用意さえています。

//example.com/?feed=rss
//example.com/?feed=rss2
//example.com/?feed=rdf
//example.com/?feed=atom

カスタム パーマリンク を使用しているならば、以下の方法でアクセスできるはずです。

//example.com/feed/
//example.com/feed/rss/
//example.com/feed/rss2/
//example.com/feed/rdf/
//example.com/feed/atom/

つまり、「example.com」に自分のwebサイトのURLを入れてアクセスしてみてください。アスセスできたURLがフィールドURLということです。

Feedlyのボタンの設置方法

Feedlyのボタンのボタンの設置方法はいくつかありますが、公式ボタンの設置方法はとても簡単です。

Feedly公式のボタンの設置方法

この方法が一番簡単です。1~4の順番で設置できます。

1.Feedly公式ページにアクセスする

→Feedly公式ページ //feedly.com/factory.html

2.「Step 1: Select your design」

好きなデザインを選択します。

3.「Step 2: Insert your feed URL」

フィールドURLを入れます。フィールドURLについては上記を参考にしてください。

4.「Step 3: Copy and embed the HTML code snippet」

HMLコードをコピーして、Feedlyのボタンを表示させたい場所に貼ってください。

Feedlyの設置方法 アイコンを変えて表示する場合

Feedly公式のボタンではないアイコンを使う場合の設置方法です。Feedlyのアイコンとfeedlyフォロー用のURLを準備して設置します。

1.feedlyアイコンをメディアにアップロード

好きなfeedlyアイコンを選び、メディアにアップロードします。

2.feedlyフォロー用のURL

  1. Feedly公式ページ にアクセスします。
    →Feedly公式ページ https://feedly.com/factory.html
  2. 「Step 1: Select your design」で適当なデザインを選択します。
  3. 「Step 2: Insert your feed URL」でフィールドURLを入れます。フィールドURLについては上記を参考にしてください。
  4. 「Step 3: Copy and embed the HTML code snippet」のフォロー用のURLをコピーします。

青く反転させてるの部分(target=’blank’の前)のURLをコピーして使います。

feedly
feedly

3.Feedlyのボタン(アイコン)の設置

Feedlyのボタン(アイコン)を設置したい場所に、アイコンに使うファイルの URLを貼り、赤枠部分のURLをリンクさせます。

  • ファイルのURLに赤枠部分のURLをリンクさせる一番簡単な方法は、「投稿の編集」を利用する方法です。「投稿の編集」で作ったHTMLをコピーして、表示させたい場所に貼ります。

「投稿」の「編集」で、メディアを追加をクリック、Feedlyのアイコンを追加します。

feedly
feedlyの画像にリンクさせる
feedly
HTMLとして編集を選択

Feedlyのアイコンにfeedlyフォロー用のURLをリンクさせた後、HTMLとして編集に変え、HTMLをコピーします。

それを表示させたい場所に貼ります。

  • サイドバーに貼る場合は、「ウイジェット」「テキスト」を追加を選択しクリック、「テキストの内容」にHTMLを貼り、サイドバー内でのウイジェットの位置を選択して保存すれば、サイドバーに設置できます。

Feedlyの登録方法と使い方

Feedlyにアカウントを作る

  • メールアドレスとパスワードでアカウントを作る
  • Google、Facebook、Twitter、Microsoftのアカウントを利用する

Google、Facebook、Twitter、Microsoftのアカウントでアカウントを作ることができます。それぞれのアカウントにログインするとアプリの連携やアクセス権の許可を求められます。

  1. Feedle へアクセスする
  2. GET STARTED FOR FREE をクリック
GET STARTED FOR FREEでアカウントを作成

ウェブサイトをFeedlyに登録する

購読したいウェブサイトをFeedlyに登録します。

検索ボックスが表示されてない場合は左側の項目からを選択します。

  1. ウェブサイトのURLを検索ボックスで検索する
  2. FOLLOWをクリック
  3. +NEW FEEDをクリックし、Feed Nameをつける
  4. CREATEをクリックする
検索ボックスで検索→FOLLOW

Feed Nameを「fukuoka」にしました。左の項目 FEEDSにfukuokaができています。

feedly
feedly

About ゆきを

ジャンルに拘らずに、好きなことを書いてます。 趣味であったり、覚書きであったりします。 むずかしい言葉を使わず、流行りの言葉を使わないように書いてます。