Classic Paragraph とクラシックブロックの違いと便利な使い方

TinyMCE Advanced
WordPress
Advertisements

Gutenberg

WordPressにはGutenberg (グーデンベルグ)というエディタが標準搭載されており、次々と使い易いようにアップデートされてます。2021年までは古いエディタ( Classic Editor )のサポートがありますが、Gutenberg を使いこなしておいた方がいいと思います。

Gutenberg (グーデンベルグ)はブロック毎に Block Editor を選び、ブロックを組み合わせ記事にしていきます。ブロックエディタの中にクラシックブロックがあり、以前のように投稿記事を書くことができます。

Advertisements

Block Editor と TinyMCE Advavced

多くの人が使っているであろうTinyMCE Advavced ですが、TinyMCE Advavced をインストールしている場合、WordPress 5.0のアップデートで Classic Paragraph (クラシックパラグラフ)というブロックができています。

これはアップデートの時に TinyMCE の設定の高度なオプションAdd Classic Paragraph blockに自動的にチェックが入っているからです。

Block Editor にはクラッシックが2種類ある

  • Classic Paragraph
  • クラシック
TinyMCE Advanced
Classic Paragraphとクラシックエディタ

Classic Paragraph とクラシックはほぼ同じですが、何が違うのでしょうか?

Classic Paragraph とクラシックブロックの違い

Classic Paragraph ブロックには、TinyMCEエディタと、更にTinyMCEを拡張した機能があります。

Classic Paragraph ブロックは再利用ブロックに追加ができすが、クラシックブロックは再利用に追加できません。Gutenberg の再利用ブロックといツールはとても便利です。

再利用ブロック

Gutenberg の再利用ブロックはとても便利ですので、下記リンクに記載しておきます。

自分で作ったブロック(表や画像、動画や文など)をBlock Editorの一覧に追加できる再利用ブロックというツールがあります。同じパターンを使いまわす時に便利です。

再利用ブロック Gutenbergの便利な利用法
再利用ブロックGut…
Advertisements
タイトルとURLをコピーしました